バーガーキング史上最高レベルの辛さ「スパイシー厄除けワッパー」登場 ネーミングに「厄除けw」「意味はわからないけど美味しそう」とツッコミ

 ハンバーガーチェーン「バーガーキング」を運営するビーケージャパンホールディングスは25日から「スパイシー厄除けワッパー」を期間限定で発売する。24日、SNSなどで新商品の情報が告知されると「このセンス、嫌いじゃない」などとネット民の興味を誘った。

 年末年始に期間限定で新発売する同商品は、同店の代名詞ともいえる直火焼きの100%ビーフパティに、「京都 祇園味幸(ぎおんあじこう)」の「日本一辛い黄金一味」を使用した激辛ガーリックフレークと特製の旨辛スパイシーソースを合わせた一品。さらに、レタス、トマト、オニオン、ピクルス、チェダーチーズを重ね、トーストしたセサミバンズでサンドした。同店史上最高レベルの辛さの商品となっている。価格は単品が780円、フレンチフライ(M)とドリンク(M)とのセットが1080円(ともに税込み)で、販売期間は来年1月28日まで。

 YouTubeではプロモーション動画も公開しており、商品名にちなんで「東京都調布市の『厄除元三大師 深大寺(やくよけがんざんだいし じんだいじ)』を訪れ、護摩祈願を行いました」と紹介。ツイッターでも「年末年始は直火で厄除け!」と商品をPRしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ