「進撃の巨人」いよいよ完結へ…ネット衝撃「やはりさみしい」「感慨深い」 引き伸ばし説も話題に

 テレビアニメ化、実写映画化もされた人気漫画「進撃の巨人」が4月9日発売の「別冊少年マガジン」5月号(講談社)で完結することが5日、発表された。ブームを巻き起こしたビッグタイトルの完結発表はネットでも話題となり、ツイッターでは「進撃の巨人」「進撃完結」「引き伸ばし説」といったワードがトレンド入りした。

 同作は8日に33巻が発売され、次巻となる34巻をもって完結。コミックスの最終巻は6月9日の発売を予定している。2009年9月から11年半にわたる連載がついに幕を下ろす。

 作者の諫山創氏はコメントを寄せ「あと3年で終わると8年前から言ってましたが、ようやく終えることができそうです」と伝え、読者に向けて「大変長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただけましたら幸いです」と呼びかけた。いよいよ完結を迎えることになるが「決して編集部に引き伸ばされたわけでもなく、むしろ『いつ終わるのか』と急かされ続けての晩年でした。すいません、ようやく終わります」と説明し、「今まで読んできてよかったと思っていただけるように、最終回に向けて頑張ります」と意気込んでいる。

 完結時期が明言され、ネットでは「進撃の巨人終わるの衝撃すぎる」「進撃の巨人も完結なのか 楽しみがまた減ってしまうよ」「もうすぐ終わるのわかってたけど、やはりさみしい」などと戸惑いが広がった。完結を惜しみつつも「終わりを読めることが嬉しいような、寂しいような笑」「連載初期から追い続けてきた作品がついに終わるのは感慨深い…!エレンたちの迎える結末を見守りたいと思います」「ついにゴールが見えてきた……!春には完結か~ラストどう締めるのか楽しみ」などとどのような結末になるのかと期待も寄せられている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ