au、月20ギガ2480円の新プラン「povo」発表 「神プラン認定」「結果大優勝」と好評

 通信大手のKDDI(au)は13日、オンライン発表会を行い、データ容量20ギガバイトで月額2480円(以下全て税別)の新しい携帯料金ブランド「povo(ポヴォ)」を発表した。ネットでは、ドコモやソフトバンクが先月打ち出した中容量ユーザー向けプランに対抗するKDDIの新料金に期待していたユーザーから、概ね好意的な反響が寄せられている。

 「ポヴォ」はオンライン型携帯電話事業で実績のあるシンガポールのCircles Asiaと協業し、au本体で展開する新料金ブランド。料金プランは、月間データ容量20ギガバイトで月額2480円の1種類のみで、手続きはオンラインに特化し、eSIMにも対応予定。夏には次世代通信規格の5Gにも対応するという。キャリアメールには非対応。3月から提供を始める。

 日、週、月ごとなど一時的にサービスを付加できる「トッピング」機能も特徴。たとえば、「月額500円で5分以内かけ放題」「データ200円24時間データ使い放題」などを追加可能で、前者を追加した場合、月額2980円となり、対抗プランであるドコモの「アハモ」やソフトバンクの「ソフトバンク on LINE」と同額となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ