LINEで新型コロナワクチン接種を予約 「コレは便利」とユーザー期待も「高齢者はどうなるの」の声も

 LINEは28日、コミュニケーションアプリ「LINE」を活用した新型コロナウイルスのワクチン接種の予約システムを提供すると発表した。予約の混雑などが予想されるなかで、LINEを活用した予約システムに関心が向けられている。

 新型コロナウイルスのワクチン接種開始に向けて準備が進められるなか、同社は「電話がつながりにくく接種予約が取りづらい、予約や問合せに対応するコールセンターでのリソース不足」などのさまざまな課題が考えられるとして、ワクチン接種の予約をLINE上でできるシステムを提供すると発表。

 具体的な仕様は導入自治体や開発会社により異なるが、自治体のLINE公式アカウントを通じ、自治体から通知される接種券の券番号などを入力することで、ワクチン接種の会場や日時などを予約・変更することができる。ほかにも新型コロナウイルスやワクチンに関連する情報へのアクセスや、チャットボットによるよくある質問への回答も可能だ。このLINEを活用した新型コロナワクチン接種予約システムは、すでに神奈川県や和歌山県など全国約100の自治体で導入を決定、または検討している。

 同社の発表はネットでも注目を集め、ツイッターには「コレは便利だな~」「LINEさんは日本のコミュニケーションインフラなので、浸透率に期待です」「多くの人がLINEを使っているので、これはかなり便利で有効だと思います」「コロナウイルスのワクチン接種予約に、LINEが使われたら、確かに楽よね~」といった意見が寄せられ、多くのユーザーが前向きに見ている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ