Huluが同時視聴可能に 「家にいながら離れた友人と楽しめる」「仲間募って知らない人と観たい」と期待集める

 オンライン動画配信サービスHuluを運営するHJホールディングスは先日、「ウォッチパーティ機能(β版)」をリリースした。この新機能に、地上波のテレビ番組やネット動画の同時視聴を楽しむネットユーザーから熱い視線が注がれている。

 ウォッチパーティ機能とは、離れていても、会員同士なら同時に同じ作品を視聴しながら、最大8人とリアルタイムでチャットできる機能。追加料金なしで、ライブ配信、Huluストア内作品以外の全作品で利用できる(ライブ配信はウォッチパーティとは別のチャット機能を搭載)。

 パーティを主催するホストが作品やルームを設定し、メンバーを招待。招待されたメンバーがルームにアクセスすると、画面右側にチャットウィンドウが現れ、コメントが書き込める。現在はパソコンのみの対応だが、今後モバイルでも展開していく予定だという。なお、β版のため、予告なく終了する場合がある。

 コロナ禍に伴う外出自粛要請で、映画館には足を運びづらく、友人同士一つの部屋に集まっての鑑賞会もためらわれる状況が続く中、気心の知れた仲間との鑑賞体験を共有できる、時宜にかなったサービスと言える。同社の競合では、Amazonプライムビデオが先行。昨年10月からプライム会員限定でβ版のサービスを開始しており、こちらは最大100人までの同時視聴が可能となっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ