人とすれ違い本と出会うアプリ「taknal」ユーザー急増か 「通勤で70冊すれ違った」「本読む人こんなにいる」と驚きの声

 「すごい、もう10冊出会ってた。流行ってるなー」「70冊くらい通勤ですれ違った 美肌の本だった 児童書だったり 哲学書だったり」「早速すれちがってわーいと起動したら予想以上の量きててびびった」「こんな田舎じゃすれ違わんかな~と思ってたけど思いの外すれ違う」など、想像以上に多くのユーザーがいることに驚く反応が目立つ。「本を読む人がこんなにいるという事実だけで元気になる」と、名も知らぬ同好の士の存在が励みになるという人や、「インストールして会社まで歩くうちに34冊と出会ってました。20分で34冊、読むのに一冊数時間。1日でとんでもない雪だるまができそうです」と、雪の上を転がって大きくなっていく雪だるまにたとえた嬉しい“悲鳴”も見受けられた。

 「ログインした瞬間3人の人とすれ違ったんだけど、結構範囲広いのかな?」「家にいるだけでもお薦め本が出てくるってことは、同じマンションの誰かかね」など、移動せず、すれ違わずして、ほかのユーザーの情報が共有されたとの報告も散見される。

 自分の薦めたい本は、アプリ内でキーワードを入力し検索して登録するが、「紹介したい本が登録できなかった…」「本の検索がまったくできない」との書き込みも複数見受けられ、データベースに未登録の本も少なくないようだ。「すてきなコンセプトとUIだけど本のデータベースがいまいち…。Amazonあたりからお願いできると嬉しい」と、絶版本や古書も含めた膨大な商品データベースを持つネット書店との連携要望も見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ