「猫の日」に各社ユニーク投稿続々、ネット民から「可愛いニャー」などと反響 なかには“残念”な投稿も…

 2月22日は「ニャン・ニャン・ニャン」の語呂合わせから「猫の日」に制定されている。この日は朝から猫をモチーフにしたユニークな投稿を有名企業がツイッターにアップするなど、ツイッタートレンドは朝から“ネコ祭り”状態となっている。

 毎年、SNSでバズる「猫の日」。今年も各社がツイッターを中心に力を入れている。クロネコヤマトでおなじみのヤマト運輸は、ユーザーネームを「にゃマト」に変更。たくさん並べられた宅配用のボックスの中から猫を探すゲームをツイッター上で展開し、猫の日を盛り上げている。早くもチャレンジしたユーザーからは、「1つ目で当たった(笑)」「4発目でした!」「可愛い猫ちゃん見れて幸せです」「可愛いくて、朝から癒されました♪」などの感想が寄せられている。

 接着剤メーカーのセメダインは、ユーザーネームを猫の日限定で「セメニャイン」とし、アイコンも「肉球アイコン」にデザイン変更。プロフィール欄では「セメダイン株式会社の公式アカウントにゃ。接着剤が皆さんの身近な存在になれる様に頑張るにゃ」などと“猫口調”で自己紹介しており、リプ欄には癒されたユーザーから「肉球かわいいです」「セメニャイン!今日は公式さんの攻めた社名とアイコンが楽しいにゃー!」「アイコンかわいすぎますニャー」などのコメントが寄せられている。

 日清食品のカップヌードルは「猫舌さん向けのカップヌードルの作り方」を紹介。「(1)線より少なめにお湯を入れる(2)3分後に水や氷を入れる、#よく考えたら当たり前レシピ」との自虐的な投稿に、「新発見!」「ウチの子どもそれやってます」などのコメントが集まっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ