ガリガリ君がかき氷に! 人気アイテム復活でSNS熱視線

 タカラトミーグループのタカラトミーアーツは、赤城乳業から発売されているアイスキャンディー「ガリガリ君」を削ってかき氷にできるかき氷製造機「おかしなカキ氷 ガリガリ君」を25日から発売する。10年前に一大ムーブメントを起こした人気商品の復刻は、ネットを沸かせた。

 同商品は10年前に「ガリガリ君をそのままの味でかき氷にできないか」と考えたタカラトミーアーツが企画し、赤城乳業とのコラボレーションによって誕生。発売直後は大きな話題となり完売する店舗が続出し、累計50万個を販売する大ヒットシリーズとなった。

 使い方は、「ガリガリ君」を本体にセットし、ヘッドキャップをはめて左右に回すだけととてもシンプル。本体下部にあるプラスチックの刃が「ガリガリ君」を削り、押し出される形でかき氷となって出てくるといった仕組みだ。できあがったかき氷はふわふわの食感でいつも違った「ガリガリ君」を楽しめる。

 カラーはソーダ色、みかん色の2色に加え、5月に「ガリガリ君」の40周年を記念を記念したクリアカラーも登場する予定。いずれも価格は990円(税込み)となっている。なお、同商品は1本入りの「ガリガリ君」「ガリガリ君リッチ」「大人なガリガリ君」に対応している。

 この発表にSNSでは「あー昔あったなあ、ガリガリ君のかき氷」「懐かしいな。買おうと思って買ってなかったや」と10年前のブームを懐かしむ声があがり、なかには「これもってるわ 普通に美味しいよ」「実は買った どこかにあるかも」「これ、うちにある(笑)当時はよく使ってなー」といった書き込みもいくつか見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ