有吉の思い出の味「スペースアポロ」再登場! 「やっっっと巡り会えた!」「ついに見つけた!」SNSでも熱冷めず

 テレビ朝日系バラエティー番組「マツコ&有吉 かりそめ天国」の放送をきっかけに昨年期間限定で登場したフジパンの菓子パン「スペースアポロ」が3月から沖縄を除く全国で再び発売されている。SNSではまだまだ話題で、購入したという報告や食レポ投稿が相次いでいる。

 同番組では、有吉弘行が幼い頃に食べたと記憶している思い出のパン「アポロ」という名前のパンを探すという企画を実施。調べていくと「アポロ」は昭和50年頃にフジパンのグループ会社「ナガイパン」が製造・販売していた洋菓子であることがわかった。そして、レシピなどの詳しい資料が残っていないなか、資料に映っていた写真と当時を知る社員の記憶をたどり、試行錯誤を重ね商品の再現に成功。番組内で試食した有吉は当時の味だと感動し、視聴者からも「発売してほしい」との要望が届いたため、昨年10月に期間限定で発売された。

 同商品の発売の反響は大きく、当時、SNSには「マジどこ」「ホントに存在するのか」といった書き込みが殺到。同社も出荷数量制限を行うと発表するほどの売れ行きとなった。

 大きな話題となるなか、惜しまれつつも販売終了となったが、その後も「発売してほしい」「食べてみたい」という熱いリクエストが寄せられ、3月から再び店頭に並んでいる「スペースアポロ」。ふんわりとしたスポンジケーキにミルク風味クリームをサンドした菓子パンで、クリームの上にはざらめをトッピングしており、食感も楽しめる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ