中公新社が新刊「民進党蘇生計画」→直後に“解党”「一寸先は闇」嘆きに大反響

次の写真へ
電子書籍「民進党蘇生計画」の表紙(中央公論新社)

電子書籍「民進党蘇生計画」の表紙(中央公論新社)

 【ネットの話題】 第48回衆院選が10日、公示日を迎えたが(22日投開票)、中央公論新社(東京都千代田区)がぼやいている。「『2017年なんとも間が悪い出版大賞』があれば狙いたいレベルです」。9月25日に刊行した電子書籍「民進党蘇生計画」(Kindle版・300円)のことだ。「蘇生」するはずだった民進党は、発売直後に事実上の解党が決定。月刊論壇誌「中央公論」編集部の公式ツイッターが「刊行したばかりなのに…。盛者必衰。因果応報。一寸先は闇」と嘆きのつぶやきを投稿したところ、3千以上のリツイート(10月6日現在)を集める大反響となったのだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ