日本の在来アリが米国で大繁殖 食性変えて現地アリを駆逐 巣の数は日本の2倍

次の写真へ
シロアリ(上)を捕食するオオハリアリ(松浦健二・京都大教授提供)

シロアリ(上)を捕食するオオハリアリ(松浦健二・京都大教授提供)

【びっくりサイエンス】 日本では昨年、刺されると死ぬこともある南米原産の猛毒アリ「ヒアリ」が初めて侵入したことが判明し大騒ぎになった。日本の在来アリより凶暴で、定着すれば在来種を駆逐して大繁殖すると懸念されたためだ。結局、初期の駆除が成功し定着には至らなかったが、実は海外で逆の現象が起きていることが京都大などの研究で分かった。日本の在来アリが海を渡って米国の森に侵入、現地のアリを蹴散らし大繁殖しているというのだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ