AIで絵画鑑定 光源氏の顔で流派見抜く 「幻の絵巻」の判定結果は…

次の写真へ
米メトロポリタン美術館が所蔵する「源氏物語絵巻」で、光源氏と目される人物(左)。人工知能が最も着目している部分を赤く着色(右)したところ、耳の部分を流派判定に使っていることが分かった(小長谷明彦・東京工業大教授提供)

米メトロポリタン美術館が所蔵する「源氏物語絵巻」で、光源氏と目される人物(左)。人工知能が最も着目している部分を赤く着色(右)したところ、耳の部分を流派判定に使っていることが分かった(小長谷明彦・東京工業大教授提供)

【びっくりサイエンス】 日本絵画の絵師の流派を判定する人工知能(AI)が登場した。源氏物語を描いた絵画の中に、わずかな差異を見つけ出し、95%以上の精度で専門家と同じ判定を下すことができた。人間が知らない特徴をつかんでいる可能性も判明。AIが専門家の目を超える日も近そうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ