チアでも悪質パワハラ…日大冷酷対応と女監督の素性 被害部員、再三の相談に「アメフトの件とは関係ない」 田中理事長の「学生ファースト」も名ばかり

日大チアとフェニックス(一部画像処理しています) 

日大チアとフェニックス(一部画像処理しています) 

 「学生ファースト」は名ばかりか。アメリカンフットボール部の反則タックルに続き、応援リーダー部(競技チアリーディング)のパワハラが発覚した日本大学。ドラマや映画では華やかなイメージのチアだが、被害者の女子部員側が公表した文書には、日大生え抜きの女性監督や他の部員による言葉の暴力が浮かび上がる。さらにひどいのが大学側の対応で、女子部員側は保健体育審議会(保体審)や学部に助けを求めたが、相手にされなかったというのだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ