iPS角膜を移植、大阪大が世界初

iPS細胞から作った角膜細胞を移植する臨床研究

iPS細胞から作った角膜細胞を移植する臨床研究

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った目の角膜の細胞を患者に移植する手術を実施したと、大阪大の西田幸二教授らのチームが29日、発表した。iPS細胞を使った角膜移植は世界初で、手術は成功したという。提供者が不足している角膜の病気の再生医療に向けた一歩となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ