リアルな段ボールSLが評判 知られざる出石鉄道の歴史

前の写真へ
次の写真へ
段ボール模型用の設計図

段ボール模型用の設計図

 兵庫県北部の豊岡市出石町。旧出石藩の城下町の風情が残り、但馬の小京都として人気の観光地に戦前、軽便(けいべん)鉄道(小規模の鉄道)の「出石鉄道」が走っていた。その歴史を後世に伝えようと、地元の若手経営者らが当時の小型蒸気機関車(SL)を段ボールで実物大に再現し、町内で展示している。段ボールとは思えないリアルな模型は「今にも動き出しそう」と評判で、関係者は「住民の熱意で開通した鉄道の歴史を知ってほしい」としている。(谷下秀洋)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ