万博はオワコン? アメリカ館「月の石」に代る目玉は

前の写真へ
ソユーズやボストークなどの宇宙船を展示したソ連館=昭和45年3月、大阪府吹田市

ソユーズやボストークなどの宇宙船を展示したソ連館=昭和45年3月、大阪府吹田市

 東京五輪の5年後に当たる2025年、大阪市の人工島、夢洲(ゆめしま)で大阪・関西万博が開催される。国内では過去2回大規模な万博が開かれ、中でも6400万人が来場した1970(昭和45)年の大阪万博は成功体験として語り継がれるが、日本国際博覧会協会のトップは「70年万博からの脱却」を唱えている。米ソ冷戦を背景に宇宙開発で国力を誇示し合った時代とは世界情勢は変貌。インターネットサービスの基盤(プラットフォーム)を持つ巨大IT企業が国家の枠を超えた存在感を示す現在では、万博の主役も見せ方も当時と違ったものとなりそうだ。(安田奈緒美)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ