「105系」9月末で引退 JR和歌山線で35年

次の写真へ
9月末でJR和歌山線から姿を消す105系=和歌山県かつらぎ町

9月末でJR和歌山線から姿を消す105系=和歌山県かつらぎ町

 ありがとう、105系-。昭和59年から35年にわたり、和歌山県北部のJR和歌山線を走ってきた電車「105系」が9月末で沿線から姿を消す。青緑色の車体が特徴的で、紀北地方ののどかな風景に溶け込んでいた。同県橋本市の橋本駅では105系の写真展を開催中で、角野敦彦駅長(56)は「長年皆さまに愛された車両で、感謝を込めて企画した。電車に乗って、ぜひ見に来てほしい」と話している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ