iPS心筋シート、他の心臓病にも応用へ 澤芳樹・阪大教授

 iPS細胞から作った「心筋シート」を移植する治験の実施について記者会見する大阪大の澤芳樹教授(左)=27日午後、大阪府吹田市

 iPS細胞から作った「心筋シート」を移植する治験の実施について記者会見する大阪大の澤芳樹教授(左)=27日午後、大阪府吹田市

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から心臓の筋肉(心筋)細胞を作り、シート状に加工して重い心臓病患者に移植する世界初の治験を1月に行った大阪大の澤芳樹教授が産経新聞のインタビューに応じ、3年以内に別の症状の心臓病患者らを対象にした治験を実施する考えを明らかにした。澤教授は「今回の治験は第一歩。将来的にはiPS細胞を用いた違う治療もスタートさせ、日本発の技術で世界中の患者を救いたい」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ