陸自と埼玉、千葉県警が合同訓練 五輪見据え武装工作員対応

埼玉県警のパトカーに先導される自衛隊車両=13日午前、陸上自衛隊朝霞訓練場(内田優作撮影)

埼玉県警のパトカーに先導される自衛隊車両=13日午前、陸上自衛隊朝霞訓練場(内田優作撮影)

 陸上自衛隊第32普通科連隊と埼玉、千葉両県警は13日、陸自朝霞訓練場(埼玉県朝霞市など)で、武装工作員への対応を想定した合同訓練を行った。両県は東京五輪・パラリンピックの競技会場を擁しており、埼玉県警の千種寿代警備課長は「過去には大規模なスポーツイベントに合わせてテロが発生している。緊密な情報交換と実践的な訓練が不可欠」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ