虐待、貧困から少女を守れ 一時保護施設と連携の自立援助ホーム設立へ

次の写真へ
「Re-Co」のイメージ

「Re-Co」のイメージ

 虐待や貧困などで行き場を失った少女らを支援する自立援助ホーム「Re-Co(りこ)」が4月、大阪府吹田市に設立される。スタッフが24時間常駐し、担当弁護士が長期的にかかわっていく。緊急的な一時保護施設と連携して運営。こうした形態の自立援助ホームは関西で初めてで、少女らに継続して寄り添う場として期待されている。(加納裕子)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ