飲酒会合後にコロナ感染、当時の神戸西署長ら注意処分へ 兵庫県警

新型コロナの感染拡大防止のため庁舎前にテントを立てて業務に当たる神戸西署=27日、神戸市西区

新型コロナの感染拡大防止のため庁舎前にテントを立てて業務に当たる神戸西署=27日、神戸市西区

 兵庫県警神戸西署の幹部が開いた飲酒会合後に、署内で新型コロナウイルスの感染が拡大した問題で、会合に出席し、自身も感染した当時の署長と副署長の2人を、県警が内規に基づく厳重口頭注意処分とする方針を固めたことが11日、県警関係者への取材で分かった。処分は15日付で行うとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ