梅雨終盤、豪雨招く「湿舌(しつぜつ)」 湿った空気停滞、気温上昇で雨量増

 広い範囲で激しい雨を降らせ、九州各地に川の氾濫など大きな被害をもたらす原因となっているのが日本列島付近に停滞する「梅雨前線」だ。梅雨の終わりごろになると、暖かく湿った空気が前線付近でぶつかって激しい雨を降らせる例が多い。専門家は「長期的に気温が高い状態が続いていることが雨量が激しい雨につながっているのでは」と分析している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ