新着

【産経抄】愛と正義を否定する 7月27日

 昭和45年5月、横浜市で30歳の母親が、脳性まひの2歳の娘を殺害する事件が起こった。母親に同情が集まり、減刑嘆願運動が展開される。それに真っ向から異議を唱えたのが、脳性まひ者の組織「青い芝の会」の神奈川連合会だった。[続きを読む]

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧