昭恵夫人が5月にイラン訪問、ファーストレディー“外交”で関係改善出遅れ挽回狙う

 安倍晋三首相の昭恵夫人が、5月9日にイランの首都テヘランで女性の社会進出についてイラン政府要人らと意見交換することが決まった。複数の両国関係者が27日、明らかにした。

 イランは1月に核問題での欧米の制裁が解除され、国際社会に復帰。安倍首相は8月ごろのイラン訪問を検討中だが、関係改善が出遅れているとの声もある。昭恵夫人の訪問にはファーストレディー“外交”で挽回する狙いもありそうだ。

 昭恵夫人は、両国が共催するシンポジウムで、知日派のエブテカール副大統領兼環境庁長官や女性・家族問題担当のモラベルディ副大統領とともに講演を行う。イラン側からはザリフ外相ら政府要人や有識者が出席する予定となっている。(共同)

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ