ステルスF35初号機、10月に引き渡し 空自にロッキードから

 杉山良行航空幕僚長は22日の記者会見で、最新鋭ステルス戦闘機F35について、10月に米ロッキード・マーチン社から初号機が引き渡されるとの見通しを明らかにした。引き渡し後は米アリゾナ州のルーク空軍基地で空自パイロットの操縦訓練が行われる。

 F35は計42機の調達を計画しており、今年度予算では6機分を計上。今年度は4機の引き渡しが予定されており、来年度から三沢基地(青森県)に実戦配備される。

 杉山氏はF35を導入する意義について「ステルス性とネットワークでたたける能力が向上する。防空戦闘における優位性が高まる」と強調した。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧