北朝鮮核実験 自民・古屋氏、独自制裁強化要請 猪木氏訪朝には「それができてしまうことがおかしい」

 自民党の古屋圭司選挙対策委員長は9日午前、北朝鮮の核実験に関し「党の制裁案をすべて行えば相当厳しく(姿勢を)示せる」と述べ、日本政府が独自に科している制裁をさらに強化すべきだとの考えを示した。党本部で記者団の質問に答えた。

 古屋氏が本部長を務めていた拉致問題対策本部は昨年6月、13項目の独自の制裁強化案をまとめ、安倍晋三首相に提出している。

 また、古屋氏はアントニオ猪木参院議員が北朝鮮の建国記念日(9日)に合わせ訪朝していることに関しても「本来行くべきではない。それができてしまうこと自体がおかしい」と非難した。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧