拉致問題、進展しないのは「制裁に問題」 アントニオ猪木氏に北朝鮮高官

 北朝鮮を訪問していたアントニオ猪木参院議員は13日、平壌で会談した李洙●(リ・スヨン)朝鮮労働党副委員長が、拉致問題の進展に関し「今、制裁をしている日本の状況に問題があるのではないか」と述べたと明らかにした。帰国後、羽田空港で記者会見して説明した。会見の主なやりとりは次の通り。

 「元気ですかーっ!(しーん)、あんまり元気ないな」

 司会「猪木氏は、スポーツ平和交流を目的とした議員外交として9月8日から訪朝しました。多くの要人と会談の機会があり、内容の濃いものだった。要人は、最高人民会議常任委員長、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員の金永南(キム・ヨンナム)氏、ナンバー2。朝鮮労働党副委員長で国際部門を統括する李洙●(リ・スヨン)氏と会談した」

 猪木氏「8日に平壌入りした。4月にマラソンのスターターをする予定だったが、国会(開会)中で(参院)議長から自粛要請もあり、受け入れた。今回は国会中じゃなかった。そのおわびも含めて、恒例となったこの時期に。2年は空いたが、人の流れを絶やさないというのが基本。行く前に誰と会うのか質問があったが、誰と会ったのかは説明があった通り。

 9日に大レセプションがあり、金永南委員長が指揮を執るのだが、壇上にいろんな要人が並んで乾杯。その翌日に李洙●氏と会談し、労働党の本部で約1時間半ぐらい会談した。

 『この時期によくいらっしゃった』というあいさつの後に、今回の核実験について、目的は何なのか、単刀直入に聞いた。『日本に向けてることではなくて、米国に対して、われわれはわれわれの国を潰そうとしている国に対してということで今、こういう実験を繰り返しています』という説明があった。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧