拉致解決まで歌で寄り添う シンガー山口さん新曲「被害者家族へできることを」

 ♪笑い合いたい 声が聞きたい 抱きしめ過ごしたい-。大阪府東大阪市在住のシンガー・ソングライター、山口采希(あやき)さん(25)が、北朝鮮による拉致問題の解決を願う新曲「願いの色、灯りをともせば」を制作した。平成26年に発売した「空と海の向こう」に続く曲で、被害者家族の思いをよりストレートにつづった。「私の歌でなく、解決を願うすべての人の歌として全国に広まってほしい」と話している。(大森貴弘)

 10月8日、大阪市の中央区民センター。拉致被害者の救出を訴える集会で、山口さんは壇上に立った。

 「大切な家族と30年以上も引き離されたままの拉致被害者家族。その悲しみに少しでも寄り添うことが、私たちにできることではないでしょうか。そんな思いを込めて、新曲を作りました」

 こう語りかけると、愁いを帯びた表情で歌い始めた。透明感あふれる歌声。約500人が詰めかけた会場は一瞬で静まり返り、曲が終わると大きな拍手がわき起こった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ