「自衛隊の戦闘機が妨害弾を発射したとの中国談話、事実と異なる」防衛省 10日のスクランブル

 防衛省は11日、中国国防省が10日発表した「訓練中の中国軍機に対し、航空自衛隊の戦闘機が妨害弾を発射した」とする談話について「事実と明らかに異なる。日中の関係改善を損なうもので極めて遺憾だ」と反論する文書を発表した。

 10日、中国軍の戦闘機など6機が沖縄本島と宮古島の間の公海上空を通過し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)した事案を巡り、中国側は、空自機の妨害弾で「安全を脅かされた」などと主張している。

 防衛省は文書で、空自機のスクランブルは「国際法と自衛隊法に基づく厳格な手続きに従って行った」と説明。中国軍機に対し「近距離で妨害を行った事実はなく、妨害弾を発射し中国軍機と人員を脅かした事実も一切ない」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧