安倍首相真珠湾訪問 民進・蓮舫代表、「大きな意義」と評価も「なぜ安保法制に突き進んだのか」

 民進党の蓮舫代表は28日午前、安倍晋三首相の真珠湾訪問について「『和解の力』というメッセージを発した。たいへん大きな意義がある」と評価した上で、「『不戦の誓い』といいながら、(首相は)なぜ憲法解釈を変えて安全保障法制に突き進んだのか。来年度予算案をみても、5年連続で防衛費は増えている」と述べた。党本部で行われた仕事納めのあいさつで語った。

 蓮舫氏は「今、世界で最も必要としているのは国際協調だ。まさに平和への道を日本が中心となって進めていくことではないか。民進党は、平和という基軸に足を踏みしめて、国際平和をつくりあげていきたい」とも述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ