安倍晋三首相が昭恵夫人と散歩 静養先の周辺で写真撮影も笑顔で

 安倍晋三首相は3日、静養先の東京・六本木のホテル周辺で昭恵夫人と一緒に散歩を楽しんだ。通行人から「明けましておめでとうございます」と声を掛けられると、笑顔で「おめでとう」と手を振るなどリラックスした様子だった。

 快晴の中、午前11時すぎにベージュ色のコートを着て外出し、ホテル周辺をゆっくりとした足取りで約40分かけて散策した。途中、首相に気付いた通行人数十人から写真撮影や握手を求められ応じた。

 首相は12月29日以降、ゴルフを2度プレーし、映画を2本観賞するなど気分転換し、3日までの年末年始休暇を満喫した。4日は三重県の伊勢神宮を参拝し、年頭の記者会見に臨む。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧