オスプレイ空中給油訓練6日昼再開 米から連絡と稲田氏

 稲田朋美防衛相は6日夜(日本時間7日午前)、不時着事故を受け休止していた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の新型輸送機オスプレイによる空中給油訓練を再開したと米側から日本政府に連絡があったことを明らかにした。訓練は沖縄周辺の海上で日本時間の6日昼に実施されたという。訪問先のパリで記者団の質問に答えた。

 同時に「米軍が訓練の際、時間などの詳細な情報を日本側に通報することは、通常はない」と指摘。政府として今後は訓練の情報提供を求めない考えを示した。稲田氏によると、6日中に米側から情報があった。

 米側の情報提供について「事故への国民の関心が高く、非常に懸念が大きいと伝えていたため、通報があったと理解している」と説明した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ