民進・蓮舫氏「大きな懸念」「立法府の軽視だ」 「共謀罪」法案で

 民進党の蓮舫代表は8日のNHK番組で「共謀罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について「大きな懸念がある。3回廃案になった法案がほとんど中身を変えずに出てくるのは立法府の軽視だ」と批判した。政府は今月20日召集の通常国会に改正案を提出する方針で、与野党が審議で対決する可能性が強まった。

 番組後、蓮舫氏は「対象犯罪数が600を超えている。監視対象が広すぎるのではないかとの疑念はなお拭えていない」と、記者団に理由を説明した。

 天皇陛下の退位を実現する法整備を巡り、与野党の立場に温度差があることについては番組で「政局にするとか、対案を出してぶつかりあうことは考えていない」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ