民進・蓮舫代表 譲位の法整備で対案否定「ぶつかり合い、考えていない」

 民進党の蓮舫代表は8日のNHK番組で、天皇陛下の譲位をめぐる法整備について「政局にするとか対案を出してぶつかり合うとか、そういうことは考えていない」と述べた。

 政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」は一代に限り譲位を認める特別措置法を推す方向だが、民進党は皇室典範改正で対処すべきだとの「論点整理」をまとめていた。

 また、政府がテロ対策として「共謀罪」の構成要件を一部変更する組織犯罪処罰法改正案が通常国会に提出する方針を固めたことについて、「相当大きな懸念もある」と述べ、徹底審議を求める考えを示した。

 次期衆院選に向け、共産党などと進めている共通公約作りと候補者調整については「もう前に進めるべきときにきている」との認識を示した。

 民進党最大の支持団体である連合が、共産党との選挙協力に難色を示していることに対しては「連合がいろいろな思いを持っていることは十分理解している。乗り越えるべき課題はあるが見ている目標値は同じだ」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧