北朝鮮情勢 稲田朋美防衛相、ICBM実用化に至らずとの認識示す

 稲田朋美防衛相は10日午前の記者会見で、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を示唆していることについて「少なくとも大気圏再突入時の弾頭保護技術を(北朝鮮が)実際に検証し得たとは考えていない」と指摘し、実用化には至っていないとの認識を示した。

 その上で「北朝鮮による核兵器の開発、弾道ミサイル能力の増強は新たな段階の脅威に入っている。防衛省・自衛隊として何ができるか検討中だ」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧