稲田朋美防衛相がグアムでTHAAD視察へ 「導入は能力強化策の一つ」

 稲田朋美防衛相は10日午前の記者会見で、12、13両日に米領グアムを訪問し、米軍アンダーセン空軍基地の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を視察する予定を明らかにした。

 稲田氏はTHAADの自衛隊導入について「現時点で具体的な計画はない」としつつも、北朝鮮の弾道ミサイル開発などを念頭に「このような新たなアセット(装備品)の導入は具体的な(ミサイル防衛の)能力強化策の一つとなりうる」との認識を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧