岸田文雄外相、竹島の慰安婦像計画を批判

 岸田文雄外相は17日午前の記者会見で、韓国・京畿(キョンギ)道議員団が竹島(島根県隠岐の島町)での慰安婦像設置を目指していることについて、「竹島はそもそも国際法上も歴史的にもわが国固有の領土だ。この立場に照らしても(慰安婦像設置は)受け入れられない」と批判した。

 また、尹炳世(ユンビョンセ)外相がソウルや釜山(プサン)の日本公館前に設置された慰安婦像は好ましくないとの趣旨の発言をしたことについて「韓国政府も(一昨年の慰安婦をめぐる)日韓合意を履行していく立場には変わりない。尹(ユン)氏の発言はこうした韓国政府の立場に沿ったものだ」と述べた。

 慰安婦像設置自体に関しては「日韓関係において好ましいものではない。(外国公館の安寧と尊厳を守るよう定めた)ウィーン条約との関係においても問題がある」と述べ、改めて撤去を求めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧