防衛通信衛星の打ち上げ成功 種子島 陸海空の統制能力強化へ

 防衛省の通信衛星「きらめき2号」を搭載したH2Aロケット32号機が24日午後4時44分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功した。

 きらめき2号は防衛省初の独自衛星。自衛隊の各部隊の指揮・統制や情報共有に使う。現在利用している民間衛星に比べ高速・大容量の通信が可能で、災害対応やミサイル防衛などで陸海空の枠を超えて統制能力を強化する。

 インド洋上空の静止軌道で3月から運用し、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加する部隊などによる活用を目指す。運用期間は約15年。開発費と打ち上げ費用は、海外で来年打ち上げる1号と合わせて計約1300億円。

 H2Aは26回連続の成功で、成功率を96・8%に高め信頼性を向上させた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧