天皇陛下の譲位 民進・蓮舫代表、議員立法での法整備に含み 特例法視野の政府を牽制

 民進党の蓮舫代表は26日の記者会見で、天皇陛下の譲位に関する法整備について「閣法(政府提出法案)がいいのか、違う形の立法形態がいいのかも含め見極めていかなければならない」と述べ、各党の合意を原則とする議員立法に含みを持たせた。

 民進党では、野田佳彦幹事長も25日、記者団に「議員立法で目指しても構わないのではないか」と述べている。政府は「一代限りの特例法」を政府提出法案として国会に出すことを検討しているが、民進党は議否定しないことで、「皇室典範改正」を掲げる主要野党の意見を切り捨てないよう牽制(けんせい)する狙いもありそうだ。

 蓮舫氏は会見で、安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」が公表した論点整理について「特例法に向かって『こちらが望む方向ですよ』と誘導しているかのような隔たり、偏りを感じる」と批判。

 衆参両院議長が各党の意見を聴取し、政府に返答することを踏まえ「立法府が、各党からの意見交換などの結果を通じ、両論併記で政府に戻すとなると、閣法に果たしてそぐうものなのか」とも述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧