「狂犬」閣僚来日 稲田朋美防衛相・マティス米国防長官が会談 「緊密な協調関係を築きたい」

 稲田朋美防衛相は4日午前、防衛省でマティス米国防長官と会談した。マティス氏は3日に行われた安倍晋三首相らとの会談で米国が尖閣諸島(沖縄県石垣市)の防衛義務を負うことや「核の傘」を含む拡大抑止力の提供などに言及。これを受けて4日の会談では実務レベルの協議に重きを置き、日米同盟の重要性や中国、北朝鮮を念頭に、地域情勢に関する認識の共有などを図った。

 会談の冒頭、稲田氏は「アジア太平洋地域の安全保障環境は厳しさを増している。日米同盟が強いことはわが国のみならず地域の平和と安定の礎として大変重要だ。日米同盟を一層強化するため、長官と努力したい」とあいさつ。

 これに対してマティス氏も「初の外国訪問にこの地域を選んだのは、私がこの地域に高い関心を示しているからだ。今後、大臣と緊密な協調関係を築いていきたい」と応じた。

 会談には、日本側から黒江哲郎事務次官や河野克俊統合幕僚長ら事務方、制服組それぞれのトップをはじめ、日米の防衛幹部らが同席。日米同盟の深化に加え、米軍による抑止力の維持と負担軽減の両立が重要であることにも触れ、沖縄県の基地負担軽減に向けた努力に理解を求めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧