元フジアナ・長谷川豊氏、次期衆院選出馬会見でブログ騒動を謝罪 「何度頭を下げても足りることはない」

 元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏(41)が6日、次期衆院選に日本維新の会の公認候補として千葉1区に立候補することを正式表明した。「維新と千葉1区の再生が日本全体の再生につながると思っている。やれることをやりたい」と決意を語った。

 昨年9月19日のブログで、「人工透析患者は実費負担にさせよ。無理だと泣くなら殺せ」などと綴り、批判が噴出した。「何度頭を下げても足りることはない。本当に申し訳ない気持ちでいっぱい。あまりにも一方的な文言が並びすぎていた。あれは僕の100%の誤り」と謝罪した。

 長谷川氏は1999年にフジテレビへ入社、アナウンサーとして活躍し、2013年からフリーとなり、鋭いコメントで注目を浴びていたが、昨年9月のブログ騒動後、出演していた全てのレギュラー番組を失っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧