元フジアナウンサー長谷川豊氏「言動が全部稚拙」「めちゃくちゃだった」と反省、謝罪…出馬会見一問一答

 千葉県庁で6日に記者会見を行い、次期衆院選の千葉1区から日本維新の会公認で出馬する意向を表明した元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏(41)。会見では昨年9月にブログで「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ」などと書いたことを謝罪するとともに、「『一度失敗した人間が、反省と謝罪をしてもう一度やり直すんだという姿を見せてみろ』と後押しをもらった。千葉のために役に立ちたい」などと述べた。長谷川氏の記者会見での主なやりとりは以下の通り。

 --会見を始めるにあたって、まず一言お願いしたい

 「この日を迎えられて、喜びや反省、自分への怒りなど色んな思いが去来している。本来ならば千葉1区の支部長の就任会見だが、昨年9月19日付で自身のブログで書いた『自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!』というタイトルの投稿についておわびしたい」

 「一部の態度の良くない患者や医療関係者への取材を通じて、そのテンションのままに書いたが、冷静になると驚くほど過激で多くの方に偏見を与えかねない内容だった。社会保障システムなどについて極論を言ってハレーションを起こしてでも議論を起こしたいと考えたが、伝え手として完全に間違いで、100%誤りだった。その後の対応も不適切だった」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧