日米首脳会談 核・通常戦力で日本防衛、「揺らぐことのない日米同盟」を共同声明で強調 

 【ワシントン=田北真樹子】安倍晋三首相とトランプ米大統領は10日午後(日本時間11日未明)の初の首脳会談後、共同声明を発表した。「揺らぐことのない日米同盟はアジア太平洋地域における平和、繁栄および自由の礎」であることを掲げ、「核および通常戦力の双方によるあらゆる種類の軍事力を使った日本の防衛に対する米国のコミットメントは揺るぎない」と明記した。

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)について「(米国の日本防衛義務を定めた)日米安全保障条約5条が適用される」と盛り込み、「両首脳はいかなる一方的な行動にも反対する」とした。

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に関しては「米国が離脱した点に留意し、最善の方法を探求することを誓約した。これには日米間で2国間の枠組みに関して議論することを含む」と明記した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧