北ミサイル発射 稲田朋美防衛相「情報収集・警戒監視に万全を」

 稲田朋美防衛相は12日午前、北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受け、自衛隊に対して「引き続き、情報収集・警戒監視に万全を期せ」との指示を出し、関係幹部会議を防衛省内で開催するなど対応にあたった。

 稲田氏は記者団に対し、「今後、公表すべき情報を入手したときは公表する」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧