稲田朋美防衛相 北朝鮮「固体燃料使用の新型ミサイルの可能性」

 稲田朋美防衛相は14日午前の記者会見で、北朝鮮による弾道ミサイルの発射について「飛翔距離などから固体燃料を使用した新型の地上発射型である可能性がある。ICBM(大陸間弾道ミサイル)とは考えにくく、準中距離または中距離弾道ミサイル以下だったと認識している」と指摘。その上で「固体燃料ミサイルは即時発射が可能で事前に察知されにくい。かつ保管や取り扱いも比較的容易で、日本にとって軍事的に脅威だ」と述べた。

 また、稲田氏は「ミサイル防衛(MD)はスピード感を求められている。防衛力の質と量の強化を着実に進める」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧