稲田朋美防衛相vs辻元清美氏 応酬の末に安倍晋三首相が“代打”に…辻元氏は捨て台詞  

 14日午前の衆院予算委員会で、民進党の辻元清美氏の追及にさらされる稲田朋美防衛相を見かねて、安倍晋三首相が“代打”で答弁に立つ場面が相次いだ。

 辻元氏は、南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報の問題に絡み、「戦闘」と「衝突」の定義について稲田氏にただした。

 辻元氏「ISILをめぐるシリアの内戦は『戦闘』ですか? 『衝突』ですか?」

 稲田氏「今、その点について法的な評価をしておりません」

 辻元氏「今までの(歴代)防衛相の答弁、ISILについてはどういう評価でしたか? ご存じないんですか? 歴代の大臣が答えてますよ? ご存じないんですか?」

 稲田氏「法的な評価はしていないと承知しております」

 辻元氏「その物差しでいけば、シリアでの今の内戦状態は『衝突』ということですね?」

 ここで安倍首相が答弁に立つと、稲田氏が答えないことに反発する野党議員のヤジなどで室内は騒然となった。首相は「私は自衛隊の最高指揮官でありますから。従来何回もこの予算委員会で答えておりますので、私が答えたほうが適当であろうと思った」と切り出し、「ISILに対する軍事作戦についての後方支援は、政策的には考えていない」と引き取った。

 その後も首相が答弁に立つ場面があり、辻元氏は「首相に助けてもらわないと答弁できない。『蚊帳(かや)の外(そと)大臣』といわれかねない」と怒りをぶちまけて質問を締めくくった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ