自民党調査会に特別チーム ミサイル防衛の課題検証

 自民党の安全保障調査会と国防部会は15日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて会合を開き、安保調査会の下にミサイル防衛(MD)に関する特別チームを設置して早期に喫緊の課題をまとめる方針を決めた。

 会合では、今回の弾道ミサイルが新型だった可能性が高いことをふまえ、出席議員から「(発射を探知する)早期警戒体制を日本も持つべきではないか」「弾頭部分はどうなったのか」といった意見が出た。

 また、防衛省幹部は韓国との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、今回は活用しなかったことを明らかにした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧