アパホテル前で演説したトゥール・ムハメットさんにインタビュー(上)「自分の思いを訴えることができた」

 【ウイグル人男性「神演説」】

 ホテルチェーン「アパホテル」が客室に「南京大虐殺」などを否定する書籍を置いているとして、日本在住の中国人らが、東京都新宿区でデモ行進をした5日、1人のウイグル人男性が沿道で演説を行った。「こんなすばらしい国、日本でこんなくだらないデモが行われている…」。ネットで「神演説」と拡散され、大きな反響を呼んだこの演説を行った男性、トゥール・ムハメットさん(53)。九州大で農学博士号を取得し、茨城県で会社員をしている。ムハメットさんは当日、どんな思いでデモに駆けつけたのか。東京都内で産経新聞に日本への思い、祖国で受けた弾圧を語った。(WEB編集チーム 三枝玄太郎)

 ■中国人は天安門でデモをせよ

 --ツイッターには個人の考えで、反アパホテルデモに反対するために、新宿に来た、と書かれていました。

 「産経新聞を読んだんです。近々、中国人による反アパホテルデモが新宿である、と。アパホテルの元谷さん(外志雄代表)が書いた書籍は一個人の考察に過ぎません。日本では言論の自由が保障されているのだから、自分たちも本を書いたり、メディアで訴えればいい。ところが中国はホテル全体、ホテルを使ってはいけないと、(中国)国民を脅迫する挙に出た。これだけで中国は言論の自由を許さない国家であることが分かります」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ