民進の後藤祐一氏、防衛省職員への威圧的言動で謝罪会見 過去に泥酔騒動も

 民進党の後藤祐一衆院議員は21日昼、国会内で記者会見し、防衛省の女性職員に威圧的言動をしたことに関し「私が厳しい言い方をしたことで大変ご迷惑をおかけしたことについておわびを申し上げたい」と陳謝した。セクハラについては「全く関係ない話」と否定した。

 後藤氏によると、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊部隊の日報をめぐり、16日に国会内で説明を受けた際、職員に対し大声をあげたり机をたたいたりした。17日に防衛省側から抗議を受けて謝罪し、山井和則国対委員長からも21日に厳重注意を受けたという。後藤氏は衆院予算委員会のメンバーで、委員会で日報の問題を何度も取り上げていた。

 後藤氏は平成27年、酒に酔って都内の議員宿舎に帰宅した際、タクシーの釣り銭をめぐり「受け取る法的根拠は何か」などと運転手を怒鳴るなどし、警察官が出動する騒ぎを起こしたことがある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧