「小池台風」が「蓮舫丸」を吹き飛ばす日 「民進、驚くほど弱い」と命綱断たれ

 【水内茂幸の野党ウオッチ】

 「小池台風」が民進党の蓮舫代表そのものを吹き飛ばす-。東京都議選(7月2日投開票)をめぐり、小池百合子都知事が民進党を突き放す姿勢を鮮明にしている。2月5日の千代田区長選で圧勝した勢いもあり、小池氏は民進党との候補者調整を断り、都議選で自前候補を大量擁立する方針へと転換。民進党幹部は「このままなら現有18議席の3分の1程度しか取れない」と惨敗を予想する。東京を地盤とする蓮舫氏自身の進退にも影響する重大局面を迎えそうだ。

 「私から(小池氏との)連携を模索してると、これまで明言をしたことはないと思っている」

 蓮舫氏は9日の記者会見で、小池氏が都議選で民進党との全面的な連携を否定した感想を問われ、苦し紛れにこう釈明した。

 昨年来、民進党が命綱としてきたのは、都議選で小池氏サイドから推薦や支援を得ることだった。党都連は年末から、小池氏側と候補者の「棲み分け」調整を交渉。都議会自民党を共通の敵と位置づけ、事実上の“小池新党”となる地域政党「都民ファーストの会」の候補と選挙区で競合しないよう、平身低頭で協議を重ねてきた。

 しかし関係者によると、小池氏側は1月、都議選を想定した大規模な世論調査を実施。公明党は手堅い集票が見込めたが、民進党候補は「驚くほど基礎体力が弱い」という結果が出たという。民進党が票田とする無党派層の支持がごっそり小池氏に流れることや、民進党の政党支持率が1ケタ台に低迷していることが「弱」の理由だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ